過去のイベント



Southern California Japanese Scholars Forum (SCJSF)では定期的に様々な研究分野における専門家を数名招聘して講演会を開催しています。過去の講演会では物理、生物、化学、医療、宇宙、ナノテク、機械工学、情報通信、建築、経済、ビジネス、考古学、などなど多くの分野の専門家において講演をして頂きました。



第49回フォーラム「2017年ノーベル賞解説特集」


解説1
医学生理学賞「体内時計の分子メカニズムの発見」
~時計遺伝子の発見と、24時間のリズムを生み出す分子機構の解明~


田原 優 Ph.D. (Yu Tahara, Ph.D.)
UCLA Psychiatry and Behavioral Sciences


解説2
物理学賞「レーザー干渉計LIGOを用いた重力波観測への多大なる貢献」
~重力波天文学の幕開け~


長倉 洋樹 Ph.D. (Hiroki Nagakura, Ph.D.)
California Institute of Technology


解説3
化学賞「溶液中の生体分子を高分解能で構造決定できるクライオ電子顕微鏡法の開発」~CryoEMで見るミクロン、サブミクロンの世界~

荒井 弘美 Ph.D. (Hiromi Arai, Ph.D.)
ResearchDX





第48回フォーラム「日本を考える」(NDC合同企画)


講演No.1
「企業内から見る日米の違い。~そして僕達は~」

友政 博行 (Hiroyuki Tomomasa)
JBS USA Inc. Manager / Sr. ERP Consultant


特別講演
「日本の対外イメージ(歴史に学ぶ 第2部)」

千葉 明(Akira Chiba)
在ロサンゼルス総領事





第47回フォーラム 「宇宙特集」


講演No.1
「小惑星探査機「はやぶさ2」とイオンエンジンが切り開く世界」

月崎 竜童(Ryudo Tsukizaki, PhD)
Mechanical and Aerospace Engineering Department, UCLA
宇宙航空研究開発機構 (JAXA)


講演No.2
「The Voyage〜宇宙探査の過去・現在・未来と、 イマジネーションの重要性」

小野 雅裕(Masahiro Ono, PhD)
NASA Jet Propulsion Laboratory






第46回フォーラム 「環境特集」


講演No.1
「地盤工学と環境省とカリフォルニアと」

中村 祥 MS Student
Civil and Environmental Engineering Department, UCLA


講演No.2
「環境問題に取り組むことの意味」

寺井 徹 MS Student
Public Policy, UCLA Luskin School of Public Affairs





第45回フォーラム 「映像特集」


講演No.1
「Human Digitization最前線」

齋藤 隼介 Ph.D. Candidate
University of Southern California
Vision and Graphics Lab



講演No.2
「デジタルパフォーマンスキャプチャ技術の最先端」

長野光希 Ph.D. Candidate
USC Institute for Creative Technologies
Vision and Graphics Lab






第44回フォーラム 「2016年ノーベル賞解説&体内時計」


解説No.1
化学賞 「分子マシンの設計と合成に関する研究」〜金属ではない炭素で作る小さな機械について考えてみよう〜

福島 誉史 Ph.D. (Takafumi Fukushima, Ph. D.)
Visiting Faculty/Electrical Engineering Department, UCLA
Associate Professor/Department of Mechanical Systems Engineering, Tohoku University



解説No.2
医学生理学賞「オートファジー」〜細胞の中をまるっとリサイクル!〜

長井淳 PhD (Jun Nagai, Ph.D.)
Postdoctoral Scholar, David Geffen School of Medicine at UCLA



講演No.3
「体内時計から考える健康科学とは」

田原 優 PhD (Yu Tahara, Ph.D.)
UCLA Psychiatry and Behavioral Sciences
早稲田大学 高等研究所




第42回フォーラム 「南極と司法」


講演No.1
「なぜ南極の海の研究をするのか」

中山佳洋(Yoshihiro Nakayama)
Jet Propulsion Laboratory



講演No.2
「アメリカの司法」

山口崇(Takashi Yamaguchi)
University of California, Los Angeles (UCLA)
School of Law (Criminal Justice Specialization LL.M)
法務省刑事局




第41回フォーラム 「トランジスタとマイナス金利」


講演No.1
「電子工学入門:トランジスタの世界」

鳥山優太 (Yuta Toriyama), Ph.D. Candidate
Department of Electrical Engineering, UCLA



講演No.2
「マイナス金利」と疑似自然実験

桜井悠司(Yuji Sakurai)
University of California, Los Angeles (UCLA)
アンダーソン経営大学院ファイナンス博士課程




第40回フォーラム 「宇宙と海」


講演No.1
「深宇宙ナビゲーション」

髙橋雄宇 ( Yu Takahashi), Ph.D.
Navigation Engineer, Mission Design and Navigation Section, JPL



講演No.2
「日本の国際漁業政策」

福釜知佳 (Chika Fukugama)
University of California, Los Angeles (UCLA)
Luskin School of Public Affairs, MPP Candidate
水産庁




第39回フォーラム 「2015年ノーベル賞解説特集」


解説No.1 生理学・医学賞
「線虫の寄生による感染症に対する新たな治療法に関する発見」
微生物のチカラを借りて年間3億人お救った科学者~イベルメクチンの誕生~

吉野 公貴(Kouki Yoshino)
Graduate Student, Department of Chemical and Biomolecular Engineering

University of California, Los Angeles (UCLA)

解説No.2 物理学賞
「素粒子「ニュートリノ」が質量を持つことを示すニュートリノ振動の発見」
『ニュートリノ振動の発見ってすごいよね!』と心からいえるために

南崎 梓 Ph.D.(Azusa Minamizaki)
Freelance Science Communicator

解説No.3 化学賞
「DNA 修復の仕組みの研究」
私たち生物の設計図にエラーが起きたらどうなる?

劉 孟佳(Norika Liu, MS)
Molecular Cellular Integrative Physiology at UCLA




第38回フォーラム 「日本文化研究とスピン輸送」


講演No.1
【物性物理におけるスピン輸送】

竹井聡(Takei So)
Assistant Researcher, Department of Physics and Astronomy

講演No.2
【文化人類学者の日本:
「人間科学」というジレンマと、アメリカにおける日本文化研究の歴史】


西嶋諒子(Ryoko Nishijima)
UCLA Department of Anthropology, PhD candidate




第37回フォーラム SCJSF-NDCスペシャルイベント


講演No.1
「セレンディピティの計画的創出」

合田圭介 (Keisuke Goda)
内閣府革新的研究開発推進プログラム ImPACT
東京大学大学院理学系研究科 教授
カリフォルニア大学ロサンゼルス校工学部 兼任

講演No.2
「ユーグレナの産業利用~これまでとこれから~ 」

鈴木健吾 (Kengo Suzuki)
株式会社ユーグレナ 研究開発担当取締役




第36回フォーラム 「都市計画、金融リスクの計量化」


講演No.1
「GISと国際開発:地図のない地域の都市計画;

工藤香奈(Kana Kudo)
University of California, Los Angeles(UCLA)
Luskin School of Public Affairs, Master of Urban and Regional Planning (MURP), Class of 2015

講演No.2
「金融機関の規制と他の科学分野との関わり」

上條憲一 (Kenichi Uejo)
University of California, Los Angeles (UCLA)
Anderson Business School, Master of Business Administration(MBA) 農林中央金庫




第35回フォーラム 2015年2月1日(日) 「日本の神話と特許」


講演No.1
「日本の神話を読む:ヤマト王権と天皇家を中心に」

孫 世偉(そん せい) (SUN, SHIH-WEI)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA), Department of Asian Languages and Cultures 博士課程後期

講演No.2
「研究、ビジネスの架け橋としての特許」

石坂 博明 (Hiroaki Ishizaka)
Visiting Scholar, Device Research Laboratory, UCLA
日本国特許庁 特許審査官




第34回フォーラム 2014年11月16日(日) 「2014年ノーベル賞解説特集」


講演No.1
ノーベル医学・生理学賞 解説 「空間を把握する脳のメカニズム解明~今部屋のどこにいるかをどうやって自分は知っているのだろうか?~」

渡邊桃子 (Momoko Watanabe), Ph.D.
Postdoctoral Scholar, Department of Neurobiology, Board Center for Regenerative Medicine and Stem Cell Research, David Geffen School of Medicine at UCLA

講演No.2
ノーベル物理学賞・解説 「物理が生み出した奇跡の薔薇、青色ダイオードの開発」

竹井聡 (So Takei), Ph.D.
Assistant Researcher, Department of Physics and Astronomy
The University of California, Los Angeles

講演No.3
ノーベル化学賞 解説 「超高解像度蛍光顕微鏡の開発」

北野正寛 (Masahiro Kitano), Ph.D.
Human Frontier Science Program Long-Term Fellow, University of Southern California (Scott Fraser's Lab)




第33回フォーラム 2014年9月27日(土) 「動脈硬化とエピジェネティックス」


講演 No.1:  「動脈硬化症における脂質代謝と免疫応答のクロストーク」
伊藤綾香 (Ayaka Ito), Ph.D.
Assistant Project Scientist
Howard Huge Medical Institute, Department of Pathology and Laboratory
Medicine, David Geffen School of Medicine at University of California, Los Angeles

講演 No.2  「エピジェネティックスによる神経幹細胞の分化決定」
亀井典子(Noriko Kamei), Ph.D.
Project Scientist
University of California, Irvine
Institute of Memory Impairments and Neurological disorders (MIND)



第32回フォーラム 2014年05月18日 「新生児心疾患と会話分析」


講演 No.1:  「新生児における心血管研究」
横田 知大 (Postdoctoral Fellow, Department of Anesthesiology, Medicine and Physiology, University of California Los Angeles)

講演 No.2:  「会話分析で医者と患者の"本音"を覗き見する」
阿部哲也 (Visiting Scholar, Department of Sociology, University of California Los Angeles, 関西医科大学 心療内科学講座 講師)



第31回フォーラム 2014年02月23日 「2013年ノーベル賞解説特集」


講演 No.1:  ノーベル化学賞 「計算科学とマルチスケールモデルの解説」
野村 健一 (Center for High-performance Computing and Communications, Collaboratory for Advanced Computing and Simulations, University of Southern California)

講演 No.2:  ノーベル経済学賞 「資産価格の実証分析に関する功績を称えて」
三善由幸 (University of California, San Diego)
越智成基 (University of California, Irvine)



第30回フォーラム 2013年11月3日 「化学工学技術の医療への応用」


講演 No.1: Drug delivery systemを駆使した次世代医薬品の開発
小出 裕之 (Department of Chemistry, University of California, Irvine)

講演 No.2:  紙を用いた低コスト高機能検査デバイス
筒井 英成 (Department of Mechanical Engineering, Department of Bioengineering, Stem Cell Center, University of California, Riverside)



第29回フォーラム 2013年5月18日 「脳腫瘍と量子光学−2012年ノーベル物理学賞解説」


タイトル: 癌免疫治療の最前線 ~低侵襲性脳腫瘍治療を目指して~
講演者: 天野 貴之 (Cedars-­‐Sinai Medical Center, Department of Neurosurgery)

タイトル:  量子光学から量子コンピューターにむけて−2012年ノーベル物理学賞解説
講演者: 碁盤 晃久 (カリフォルニア工科大学 物理学科)



第28回フォーラム 2013年3月10日 「日本の経済と産学官連携イノベーション」


タイトル: 日本財政とグローバルマクロ経済学入門
講演者: 岡田 康宏 (三菱東京UFJ銀行、 UCLA Anderson School of Management)

タイトル:  産学官連携によるイノベーション創出に向けて
講演者: 西田 忠光 (文部科学省、 UCLA Anderson School of Management)



第27回フォーラム 2012年11月18日 「2012年ノーベル賞解説特集」


タイトル:  「安定配分理論と市場設計の実践に関する功績を称えて」
講演者: 杉原 聡 (Architectural Technology Laboratory Venice 代表、 南カリフォルニア建築大学 ビジュアル・スタディ ファカルティ、 東京工業大学北米ネットワーク(TITAN)会長 )

タイトル:  「Gタンパク共役型受容体の研究」
講演者: 吉松 啓一 (Department of Chemistry, University of California, Irvine)

タイトル:  「成熟した細胞に対してリプログラミングにより多能性を持たせられることの発見」(iPS細胞の開発)
講演者: 亀井典子 (University of California, Irvine Institute of Memory impairments and Neurological Disorders (MIND) )



第26回フォーラム 2012年7月28日


タイトル: モーショングラフィックス in ハリウッド ~製作の裏側と最前線~
講演者: 佐藤 隆之 (Prologue Films)

タイトル: ドラえもんの道具 ~実現可能性と関連最新科学技術~
講演者: 合田 圭介 (UCLA, Department of Electrical Engineering)



第25回フォーラム 2012年6月24日 (日本のエネルギー問題を考える)


タイトル: 日本の環境・エネルギー戦略の今後の展望
講演者: 岸 雅明 (環境省大臣官房総務課)

タイトル: エネルギー問題の本質と太陽光発電の将来
講演者: 国分 亮 (古河電気工業)



第24回フォーラム 2012年5月5日
Japanese Technology Innovation - A Vision for the Future -
UCLA Terasaki Center for Japanese Studies 20th Anniversary


タイトル: Educational Perspective
講演者: Ichiro Nishimura, DDS DMSc, DMD

タイトル: Research and Development Perspective
講演者: Richard B. Dasher, Ph.D.

タイトル: Business Perspective
講演者: Yuji Ide



第23回フォーラム 2012年4月22日


タイトル: 寄生虫の奇妙な世界
講演者: 末松 卓真 (UC Irvine)

タイトル: マッシュルームの科学
講演者: 金谷 倫子 (City of Hope)



第22回フォーラム 2012年1月28日


タイトル: ハプティクス:医療ロボットから義手までの応用事例
講演者: 山本 智徳 (SynTouch LLC)

タイトル: イノベーションの経済学:技術開発に対する社会科学の視点
講演者: 中村 豪 (東京経済大学)



第21回フォーラム 2011年11月20日 (2011年ノーベル賞解説特集) 


タイトル: 生理学・医学賞解説
講演者: 清水 佐紀 (UCLA, AIDS Institute)

タイトル: 物理学賞解説
講演者: 合田 圭介 (UCLA, Department of Electrical Engineering)

タイトル: 化学賞解説
講演者: 与那嶺 雄介 (UC Irvine, Department of Chemistry)



第20回フォーラム 2011年9月17日


タイトル: バイオマスを利用した化学品製造
講演者: 出来島 康方 (三菱化学科学技術研究センター)

タイトル: 通信事業の歴史と最新動向
講演者: 加藤 一郎 (NTT東日本)



第19回フォーラム 2011年7月30日 (アメリカ病特集)


タイトル: 新世代の糖尿病治療の開発に向けて
講演者: 大森 恵子 (City of Hope)

タイトル: 心臓画像診断最前線 - 心エコーの立場から
講演者: 出雲 昌樹 (Cedars-Sinal Medical Center)



第18回フォーラム 2011年5月15日 (交流BBQパーティー


場所: Robert Ryan Community Park, Rancho Palos Verdes, CA 90275



第17回フォーラム 2011年4月3日 (SCJSF/JABA/NDC/TITAN共催チャリティ講演会)  


タイトル: 東日本大震災復興プロジェクト
講演者: 阿部 仁史 (UCLA, Department of Architecture and Urban Design)

タイトル: MBAってどんなところ? -MBA取得とその後のキャリア形成-
講演者: 石田 圭志 (UCLA, Anderson School of Management)

タイトル: 私たちの体の中と機能をみてみよう -MRIと脳波計を中心に-
講演者: 荻窪 恭之 (Nihon Kohden America, Inc.)



第16回フォーラム 2011年1月30日 


タイトル: あれから10年、ゲノム科学の新展開
講演者: 冨田 秀太 (UCLA, Department of Molecular and Medical Pharmacology)

タイトル: 現代建築とコンピュテーショナル・デザイン
講演者: 杉原 聡 (Morphosis Architects)



第15回フォーラム 2010年11月14日 (2010年ノーベル賞解説特集) 


タイトル: 生理学・医学賞「体外受精技術の開発」
講演者: 高島 茂雄 (UCLA, Dept. of Molecular, Cell, and Developmental Biology)

タイトル: 物理学賞「二次元物質グラフェンに関する画期的な実験」
講演者: 濱田 謙一 (UCLA, Department of Chemistry and Biochemistry)

タイトル: 化学賞「クロスカップリング反応解説 ~有機合成化学の視点から~」
講演者: 与那嶺 雄介 (UC Irvine, Department of Chemistry)



第14回フォーラム 2010年9月26日


タイトル: 脳卒中と遺伝子
講演者: 峰晴 陽平 (Cedars-Sinai Medical Center)

タイトル: ヘアケア製品開発における“よきモノづくり”
講演者: 三枝 千尋 (花王株式会社総合美容技術研究所)



第13回フォーラム 2010年8月14日


タイトル: 集積回路設計技術の紹介
講演者: 萩原 汐 (UCLA, Electrical Engineering Department)

タイトル: プラスチック抗体の開発
講演者: 星野 友 (UC Irvine, Department of Chemistry)



第12回フォーラム 2010年7月17日


タイトル: エネルギー問題への取り組み:熱電変換技術
講演者: 岩永 志保 (Caltech, Department of Materials Science)

タイトル: 心理学とデザイン
講演者: 小俣 貴宣 (UCLA, Department of Psychology)



第11回フォーラム 2010年5月9日


タイトル: 人口減少社会における中小企業の役割
講演者: 矢口 麻衣 (経済産業省, 行政官長期在外研究員)

タイトル: 記憶から分子まで
講演者: 王 丹 (UCLA, Department of Psychiatry and Biobehavioral Sciences)


Design downloaded from free website templates.