第36回SCJSF&JABAフォーラム 「都市計画、金融リスクの計量化」 

2015年5月5日


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

講演1No.1
「GISと国際開発:地図のない地域の都市計画」

工藤香奈(Kana Kudo)
University of California Los Angeles (UCLA), Luskin School of Public
Affairs, Master of Urban and Regional Planning (MURP) Class of 2015

要旨: サブサハラ・アフリカの最貧国のひとつであるザンビアでは近年都市人口の増加が進み、土地の管理、 スラム地域の生活環境改善、持続可能な開発のための開発計画策定等が課題となっている。そのためザンビ ア国・地方政府ではよりよい開発を目指し、GIS(地理情報システム)、GPS(グローバル・ポジショニング・システ ム)や空間分析を使った地図づくりに取り組んでいる。実際のプロジェクト例を紹介し、GISや地図がどのように開 発に役立てられているかを解説するとともに、今後GISやGPSは私たちの生活にいかに役立つツールとなりえる かを紹介する。

略歴:ウィスコンシン大学オシュコシュ校卒業後(BA in Urban Planning, GIS, Interna:onal Studies)、City of Fond du Lac、日建設計を経て、青年海外協力隊員(都市計画)としてザンビア国地方自治住宅省都市計画局ルサカ 州事務所にて2011年1月から2013年6月まで活動。都市計画、GISを通じたキャパシティ・ビルディングプロジェク トに携わった経験を生かし、2013年9月よりUCLAにて都市地域計画学修士課程(地域国際開発専攻)にて研究 中。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

講演No.2
「金融機関の規制と他の科学分野との関わり」

上條憲一 (Kenichi Uejo)
University of California Los Angeles (UCLA), Anderson Business
School, Master of Business Administra:on (MBA) Class of 2015 農林中央金庫

要旨:2007年のサブプライムローン問題以降,Bank for Interna:onal SeWlements(BIS)を中心に国際的な金融機 関のリスクを一層規制する方向に進んでいる。このリスク規制においては,金融機関は自らの持つリスクを定量 的に把握し,各国金融当局などに客観的に金融機関の安全性を説明する必要に迫られている。金融機関のリ スクの計量化は比較的新しい分野である為,様々な科学分野の計量化手法が応用されている。本講演では,こ れらの計量化手法の概要をいくつか紹介すると共に,これからの金融ビジネスについて考える。

略歴:東京大学工学部 (BE 2002),東京大学大学院情報理工学系研究科(ME 2004)にて,制御理論・固体物理 学のコンピューターシュミレーションおよび金融市場への応用を研究。2004年に農林中央金庫へ入庫し,市場リ スクおよびBasel IIの規制対応モデルの開発を行う。2008年以降は,Mortgage Backed Securi:esのポートフォリオ マネジメントに従事。2013年6月よりUCLAのMBAプログラムに社費留学。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-