マッシュルームの科学

 

金谷 倫子 (Noriko Kanaya), D.V.M., Ph.D.

Research Fellow

Tumor Cell Biology

Beckman Research Institute at City of Hope

 

菌類の生態そしてその種類と分類についてお話したいと思います。また菌類の中でも特にマッシュルームを中心に癌や脂肪肝といった疾患に対して効果ある場合どのようなメカニズムで効果をあるのかを最新の知見に基づき説明させていただきます。またCity of Hopeにて基礎研究から前臨床研究を経て、臨床研究が行われた閉経後乳癌患者へのwhite button mushroom (Agaricus bisporus) の効果に対する研究についても触れさせていただきます。

 

略歴: 滋賀県出身。山口大学農学部獣医学科卒業後、東京大学農学部生命科学研究科にて博士号取得。2006年に渡米。獣医師であるバックグランドを生かし前臨床モデルから臨床研究への橋渡しをする事で医学研究に貢献することを研究生活の目標とする。現在はホルモン治療耐性乳癌に関する研究に従事。